• 会社情報
  • 製品情報
  • サポート情報
  • 販売店情報
  • 品番検索
  • お問い合わせ

ブレーキ雑学講座一覧に戻る

雑学番外地 雑誌評価 その2



CARBOY 99年10月号  SEISPORTS−CS使用記


  こいつは、とてつもない底力を秘めてていた。

アタリもなにもなし。セットした直後から効いちゃうなんて、ほんと 純正と変らない。それどころかこお手軽さ、速効性は純正以上だ。 さすが、住友。となれば「こいつは純正の代替品・・・・・・。せいぜい 頭に毛が3本、増えたぐらいの性能じゃないの??」と思うのがフツー。 少なくとも、今までの純正メーカー系パッドは、この路線上にあった。


写真は、本文と関係ありません


しかし、こいつはとてつもない底力を秘めてていた。最初のチェックポイント は、ほかのパッドと同様、温度域だ。とにかく、低温域の効きはトップクラス。 「600℃に達する高温域でもフェード感はなし。ロックしちゃうくらい だからね。ただコントロール性がイマイチ」というのがサカキ先生の弁。 この部分をもう少し詳しく説明すると、最もおいしく使えるのは400℃ 付近までなのだが、多少難があるのが、この温度域でもフロントの方が 強く、ロックしやすい点だ。

中間から奥にかけてのコントロール幅は広く、初心者がよくやる踏み足し にも対応しているんだけど、ロック寸前のところが分りにくいのが欠点。 温度域がさらに高くなってくると、はっきりとこの傾向が出てくるらしい。

それでもこのタッチをつかんでしめば、メチャ踏みやすく、サカキ先生も 制動距離を縮めている。はっきり言って、スポーツパッドといってもいいくらい の性能なのだ。サカキ先生を「どっちに分類したほうがいいんだろう」って 迷わせたくらいだ。タッチからするとストリート、耐フェード性ではスポーツ。

低温から使えるスポーツパッドといいたいところなんだけど、スポーツパッド で重要視される前後バランスやロック寸前のコントロール性のつかみにくさ などを考えると、ちょっとばかりつらくなってしまう。とってもできのいい ストリートパッドと見た方がいいだろう。

雨宮栄城の「本音で言わせてもらうと・・・・」

純正メーカー?? 甘く見ちゃったボクがバカでした。最初にテストした アクシスでも同じなんだけど、これまでのストリートパッドとは明らかに 違うよね。スポーツパッドに近い方向で仕上げられていると思うんだ。 しかも、スポーツパッドにありがちな、いきなりロックってこともないし、 純正に近い感じのタッチで使いやすいね。
初心者だけでなく、 最近のスポーツパッドのタッチが好きになれない中級者以上にも オススメなんじゃないかなあ。

・レポート /CARBOY編集部
・ドライバー/雨宮 栄城
・使用車種/シルビアS15

ブレーキ雑学講座一覧に戻る