• 会社情報
  • 製品情報
  • サポート情報
  • 販売店情報
  • 品番検索
  • お問い合わせ

ブレーキ雑学講座一覧に戻る

雑学講座28: 電車のブレーキ その2

ブレーキの種類


今回はブレーキの種類です。
まず初めに、分類してみましょう。 クルマと比較して、随分、いろんなブレーキがあるとお思われるでしょう。 勿論、ひとつの電車にこれだけ全てついている訳ではありません。 2〜3種類の組合わせでついています。
電気式ブレーキ 発電ブレーキ
 回生ブレーキ
 渦電流ブレーキ

機械式ブレーキ 踏面ブレーキ
 ディスクブレーキ テコリンク式
 油圧キャリパー式
 レールブレーキ

まず電車のブレーキは、非接触の電気式ブレーキと、 ディスクブレーキの様に摩擦力で止める機械式ブレーキとに大別されます。

電気ブレーキには、従来よりある発電ブレーキと最近の主流である回生ブレーキがあります。 機械式ブレーキは、基礎ブレーキともいい、読んで字のごとく一番ベースとなるもので 電気ブレーキが失陥した場合、この基礎ブレーキだけで止る必要があります。 詳細は、次回以降にご説明します。 今回は、この電気式ブレーキと機械式ブレーキの使い分けです。
まず、電車にはモーターのついているM車(電動車)とモーターのないT車 (トレーラー車)があり、ひとつの編成は、M車とT車が一定の比率で組合 わされています。

M車では、主に中・高速域では電気式ブレーキを、低速域では、機械式ブレーキ に切り替ります。勿論、T車は、電気式ブレーキがないので、最初から機械式ブレーキだけで止ります。
最近では、集電性能が向上したので、M車でもパンタグラフがついてないケースが 多いようです。

具体的には、新幹線の場合、回生ブレーキとディスクブレーキの組合わせが 一般的で、中高速では回生ブレーキでのみ減速し、ディスクブレーキが かかるのは、ホームに止まる寸前(時速30km未満)くらいです。 ホームに入ってきて、モーター音が止り、惰行運転に入った後、ようやく 機械式ブレーキの出番となる訳です。

実際の制動力負担ですが、通常のレベルでは、全体のブレーキ量の内、 回生ブレーキが95%以上で、残りのわずか5%程度が、ディスクブレーキと言われています。
ちなみにフランスのTGVは大半がT車を機関車で牽引する方式なので、この 比率は新幹線と逆転し、3:7程度とのことです。


在来線の場合は、回生ブレーキ(従来は発電ブレーキ)とM車は踏面ブレーキ、T車はディスクブレーキ の組合わせが主流です。T車の比率が多いので、負担比率は、半々くらいでしょうか

尚、最近の電車では、「遅れ込め制御」という制御技術を 用いて、T車が負担するブレーキ力もM車の回生ブレーキで出来るだけカバーし、 機械式ブレーキ作動を抑え(=パッド摩耗を抑え)ようとしているのが一般的です。

「ウーン、パッドがなかなか減らないなあ」とは、パッド製造メーカーのつぶやきです。

ブレーキ雑学講座一覧に戻る