• 会社情報
  • 製品情報
  • サポート情報
  • 販売店情報
  • 品番検索
  • お問い合わせ

ブレーキ雑学講座一覧に戻る

雑学講座42 ディスクブレーキとドラムブレーキ


乗用車では一般的に前輪はディスクブレーキ、後輪は高級車はディスク ブレーキ、大衆車・軽自動車はドラムブレーキが使用されています。 今回はディスクブレーキとドラムブレーキの違いを表を見ながら おさらいしておきましょう。

ディスクブレーキは丸い円盤を両側からパッドで挟むOPEN構造です。 そのため熱、水、摩耗粉などがたまりにくくなっています。またサーボ 効果(いわゆるカックンブレーキ)がないため入力に比例した出力が でます。
ドラムブレーキはドラムの内周をライニングで押し付けるCLOSE構造となっ ています。そのため熱、水、摩耗粉などがたまりやすくなっています。また サーボ効果があります。

これらの違いを性能で比較しますと、ディスクブレーキは
@熱がたまらないためフェードしにくい、ジャダーがでにくい、
A水がたまりにくいため、ウォータフェードしにくい、
B摩耗粉がたまりにくいため、鳴きにくい
Cサーボ効果がないためブレーキがコントロールしやすい などのメリットがあります。

デメリットとしては、
@サーボ効果がないため重く大きくなる、
Aその結果装着しにくい(特にトラック)、
Bパッド面積が大きく取れない、
C価格が高い
などがあります。

簡単にいいますと高負荷の場合はディスクブレーキ、低負荷の場合はドラム ブレーキと覚えていただくと良いでしょう。
実際の設計にあたってはこれらのメリット、デメリットを考えながらディスク ブレーキにしようかドラムブレーキでもいけるのではと悩んでいます。




ブレーキ雑学講座一覧に戻る