• 会社情報
  • 製品情報
  • サポート情報
  • 販売店情報
  • 品番検索
  • お問い合わせ

ブレーキ雑学講座一覧に戻る

雑学番外地 雑誌評価その1


SEIスポーツパッドの雑誌評価記事をそのまま 織込むことにいたしました。 (本件は、98年5月に既掲載済みですが、ご了承下さい。)

その1:エボリューション 98年2月号


硬質感のあるペダルタッチ。減速Gを素早く収束し、瞬時に”効き”を立ち上げる。 過激なサーキット走りにはやや不適か。
ただしABSとのマッチング◎



SEIのFORSPORTSは、街中からワインディングのスポーツドライブあたり を想定したブレーキだ。 ブレーキを軽く踏んだときの効き味がよく、スッと減速Gが立ち上がる印象が ある。
しかも、その後踏力に対して過大な効きはみせず、踏力に応じたμ変化をみ せるので、走りだしたときはちょっと初期の効きが早いのではと思った。 だが、サーキットでも意外に使いやすかった。


使いやすいと感じたのは、おそらくペダルの踏力を上げたときの反応が シャープだからではないかと思う。
ほかのブレーキパッドと同じように、ストレートエンドでブレーキを ドンと踏むと、一瞬ABSが効き出すところまで減速Gが立ち上がる。

が、そのとき少しブレーキを踏み込む力を弱め、再びペダルを踏む力を 強くしていくと、減速Gがスッと弱まり、すぐさまググッと効きが立ち上がる。 そのレスポンスが、じつに素早いのだ。そして結局適正なブレーキコントロール を行いながら1コーナーまでの車速を落とし、進入して行くことができるのだ。

そのためか、わざとABSを効かせたフルブレーキングを行ったときの感触も よかった。ABSは周知のようにABSユニットが、ブレーキロックを感知する と油圧を弱め、タイヤが回転し出すと、また油圧を高めてブレーキを効かせる。 そういう操作を1秒間に10回近く行う。 そのときブレーキの(効き出しの)レスポンスのよさが、ABSとの良好な マッチングをみせるのだ。

住友電工は、ブレーキパッドばかりでなくキャリパーや、ABSユニットも 作っており、そうしたノウハウがブレーキパッドに反映されているのかも しれない。
ペダルタッチも硬質感があって、感触のいいものだった。ただし、仙台ハイランド を全開で攻めると。3週目の1コーナーでブレーキパッドがローターを攻撃し わずかだが、ローターを傷つけてしまった。 これは、明らかにパッドの適正温度を超えてしまったからで、現状ではサーキット での過激な走り方までは耐えられないということがいえる。

しかしμの高そうなパッドなので、もう少し効きを落とせば、ローターに 対する攻撃性を抑えることができるはず。 ワインディングからサーキット走行まで耐えるような、このブレーキより1ランク 高いブレーキパッドを作ることも、それほどムズカシクないハズだ。

・レポート/斉藤 聡
・車両  /ラ・アンスポーツ製作
・写真提供/(株)交通タイムス社

ブレーキ雑学講座一覧に戻る