• 会社情報
  • 製品情報
  • サポート情報
  • 販売店情報
  • 品番検索
  • お問い合わせ

ブレーキ雑学講座一覧に戻る

雑学講座78 ローターの塩害とメンテナンス その2


今回は、ローターを錆びさせないためのメンテナンス方法です。
まずは駐車の際です。長期間駐車する場合は、水洗いをしてから駐車しましょう。特に凍結防 止剤、泥などは洗い流してください。駐車は雨露の当たらない場所が望ましいですね。海岸 地域では、潮風は禁物です。潮風が当たる側のローターが錆びてしまったという話をよく聞 きます。なお、長期間駐車した後は、クルマを動かす前にローターの点検、整備も必ず行ってく ださい。

次は、水洗いです。洗車時に同時に行うと好都合でしょう。ホイールの外から水を掛け、 ローターの凍結防止剤、泥などを洗い流します。ローター表面に付着した薄い皮膜は 防錆作用がありますので、金属ブラシなどでむやみに削り取らないほうが良いでしょう。 凍結防止剤の散布路・悪路走行後、長期間駐車前などに行ってください。なお、高圧洗浄機 を使う場合はキャリパの摺動部(ブーツ部)には直接水をかけないでください。水が摺動部 に入り、錆を生じ、ブレーキの作動不良に繋がるおそれがあります。

その次は、ペーパー研磨です。パッド交換時、長期間駐車後、レース走行後、降坂走行後など に行うと良いでしょう。なお、メタル系パッドは、定期的に行うことをお勧めします。また鳴き 発生時の対策としても有効です。タイヤを取り外し、#80〜120のサンドペーパーでローター 摺動部の錆び、摩耗粉、細かい傷などを落とします(詳細はMAINTENANCE参照)。 同時に、パッド表面も研磨するとよりベターです。

錆の程度(軽度、中度、重度)は、塩の種類(凍結防止剤、海水)、暴露時間、温度・湿度、 ローター表面の傷・荒れ、パッド材質などによって大きく違ってきますので、メンテナンス 方法はこうだ!とは一概に言い切れません。ローターを定期的に観察しながらその都度 判断するのがベストでしょう。

中度、重度の錆が生じてしまったら、ローター研磨あるいはローター交換をお勧めします。 まずは研磨です。ローター摺動面の錆、レコード盤状の傷などを削り取ってしまいます。 なお、ローターは許容最小厚さが決められていますので、事前に研磨代があるかどうかチェック してください。ローター研磨機のあるディーラー、整備工場などに依頼してください。1枚数千円程度です。 最後の手段は交換です。そんなに高価ではありません。安全を考えれば安いものです。
ローターの錆、レコード盤状傷、寸法不良は、ブレーキの性能不良、鳴き、ジャダー、 ローターやパッドの早期摩耗などの原因となります。ほんのチョットした点検、メンテナンス で、あなたのクルマを安全にしかも長持ちさせることが出来ます



ブレーキ雑学講座一覧に戻る