• 会社情報
  • 製品情報
  • サポート情報
  • 販売店情報
  • 品番検索
  • お問い合わせ

ブレーキのメンテナンスに戻る

 ディスクローターの点検

最近、ブレーキ時に「鳴き」や振動 (雑学講座11参照) が発生する、パッドの摩耗が早くなった等の現象が発生したら、一度タイヤを はずして、ディスクローターの状況を確認してみましょう。

表面の状況 主な不具合 対処方法 予防対策等
錆び 鳴き ペーパーがけ ・寒冷地等、融雪材を使用する地域では、ブレーキまわりの洗車を重点に行う。
レコード盤状の細かい溝 同上 同上 ・まめに清掃し、パッド摩耗粉が付着したままにしない。
摩耗粉の付着 同上 同上 同上
厚み不均一 ローターの振動
(ジャダー)
ローターの研磨 ・熱歪みが発生しないように適正な温度域での使用を心がける。
・ブレーキのオーバーホールを行い、ピストンの戻りを確保(古いクルマは要注意)
段付き摩耗 同上 同上 同上
厚み小(摩耗) ローター温度上昇によるパッドの早期摩耗 新品ローターとの交換 (規定の厚みは、ローターに鋳造文字で表示あり)


・ローターの研磨
ローターの研磨費用は、大体、4−6千円/枚程度。
新品ローターに交換する場合は、交換賃込みで、10〜15千円/枚程度です。
いずれも、資格を持った整備工場またはショップでの交換となります。

・ペーパーがけ
目の粗さが80〜120番のサンドペーパーで、円周方向に軽く、かけます。

ブレーキのメンテナンスに戻る