• 会社情報
  • 製品情報
  • サポート情報
  • 販売店情報
  • 品番検索
  • お問い合わせ

ブレーキのメンテナンスに戻る

パッド交換 3.取付後の確認作業

危険 (1)ブレーキペダルを数回踏込み、踏み代
をだす

踏み代を出さないで、車を動かすと ブレーキが効きません。
  (2)ブレーキ液量を点検する

多いときは、MAXまで抜く。
少ないときは、MAXまで新液を補充する。
  (3)タイヤを取付ける
  (4)タイヤを手で回してみる
パッドが引きずっていないか確認する。
警告 (5)パッドとローターのあたりがつくまで、  ナラシ運転を行う
警告 (6)決められた条件で、使用のこと

ブレーキのメンテナンスに戻る