• 会社情報
  • 製品情報
  • サポート情報
  • 販売店情報
  • 品番検索
  • お問い合わせ

ブレーキのメンテナンスに戻る

 交換時期はこうやって把握する

1.ブレ−キフル−ドのチェック

<<エンジンオイルチェック時にすぐわかります>>>
ボンネットをあけ、マスタ−シリンダ−に付いているリザ−バ−タンクのブレ−キフル−ドを確認 しフル−ドのレベルを確認しましょう。フルードのレベルが「MINI」を示しているとパッド が摩耗しています。




2.タイヤとパッドの交換サイクルは、ほぼ同じ!!

タイヤ交換時、パッドの厚みチェックを!
タイヤを外せばパッド交換作業の半分はやったも、同然です
(一粒で二度おいしいヨ これはおじさんネタですか 一体何のこと?)

左図のようにすぐパッドは見えます。浮動型は、点検窓から見ます。

3.ホイールが汚れている車は、パッドも交換時期!

パッドはロ−タと擦れ有って車を止めています。当然その摩耗粉が出ます。
すなわち、
パッドが減る=摩耗粉がたくさん出る=ホイールを黒く汚す

  ===> そろそろ、交換時期だ ! という訳です。


4.ブレーキ警報ランプが点灯!

これは、最悪のケースですが、1項のブレーキリザーブタンクに、インジケータ がついていて、フルードが残りわずかになったとき、運転席のブレーキ警報ランプが点灯 します。
また、後述する電気式の摩耗警報装置(PWI)が装着されているとき (ただし、高級車の一部のみ)も、同様です。ランプ点灯の場合は、即刻、交換が必要です。

ブレーキのメンテナンスに戻る