• 会社情報
  • 製品情報
  • サポート情報
  • 販売店情報
  • 品番検索
  • お問い合わせ

ブレーキのメンテナンスに戻る

 「鳴き」対策の実際例

雑学講座で、「鳴き」発生のメカニズム、対策の基本的考え方が解って頂けたか と思います。ここでは、対策の具体例を説明します。 鳴きの発生要因は、いろいろありますが、鳴き発生時の状況別にまとめると、 下の表のようになります。

大切なのは、どんな状況のときに発生しているかを掴むことと、パッドやローター、ブレーキ の現物確認を十分に行うことです。 原因がひとつだけのケースは比較的少なく、複数の原因がからんでいること が多いので、ひとつひとつ、つぶしていくことになります。 ローターのペーパーがけや鳴き止めグリス塗布のみで鳴きが止ることも多いので、一度トライ されては如何でしょうか。

鳴き発生時
の状況
鳴きの原因 主な対策 狙い
新車時または
パッド交換直後
パッドとローターの
なじみが悪い
・ローター研磨、ペーパーがけ
・慣らし運転
(100km程度走行)
・パッド両端面の面取り

・正規に組付ける
(特に鳴き止めシム、グリース)
パッドとローターのあたりつけ
(ローターとの共振防止)
パッド、部品等が
正しく入っていない。
走行距離が長くなったとき

または
山下り等の厳しい 走りをした後
パッド劣化
(摩擦係数の変化)
以下に該当する場合は、パッドを交換
・使用限度以下または
・表面の劣化したもの
・片減り
(厚みの差が2mm以上)
表面が軽く劣化しているものは
ペーパーがけ
ブレーキ部品の劣化 ・グリス塗布
・鳴き止めシムの交換
・シール類交換
・ブレーキのオーバーホール
円滑なブレーキ作動
ローターとパッドの
当りが不均一
・ローター、パッド表面
へのぺーパーがけ
錆、固着粉を除去
摩耗粉がローター
やブレーキ部品等に 固着
・パッドへの溝追加 摩耗粉を溜めない
水に濡れたとき 摩擦面に水が浸透
(摩擦係数変化)
・パッドへの溝追加 水ハケを改善

グリスの塗布 パッドの対策
グリスの塗布

ブレーキのメンテナンスに戻る