• 会社情報
  • 製品情報
  • サポート情報
  • 販売店情報
  • 品番検索
  • お問い合わせ

ブレーキのメンテナンスに戻る

パッド交換 2−1.対向型キャリパー

  (1)パッドピン・バネ類を取り外す パーツを外す手順を覚えておく バネ類は、はねないように、手で 押えながら外す。
  (2)パッドを取り外す
  (3)パッドからシムを取り外す
シム類等の付属部品の装着位置を 覚えておく。
  (4)ピストンを戻す (工具A、または工具F)

奥までいっぱいに戻すこと このとき、リザーバタンクのブレーキ液の レベルを確認して、あふれないよう注意。
注意 シール類を傷つけないこと。
  (5)キャリパボディを清掃する

パッドが入っていた所の汚れ、 摩耗粉を布きれ等で清掃する。 取外したシム、パッドピンのパッドに 当る部分も清掃する。
  (6)鳴き止めグリスを塗布する
(グリスE、またはグリスI)
下記の箇所に薄く延して塗布する。
・パッド裏板(鉄板面)とシムの合わせ面
・シムが2枚重ねの時は、シムとシムの
 合わせ面
・シムのピストンが当る部分(丸く)
・パッド裏板の両サイド部分
・パッドピンが入るパッド裏板の穴内側
  (7)パッドにシムを取り付ける
元の位置に取り付ける。
  (8)パッドを組み付ける
警告 パッドおよびディスクローターの摺動面 に油脂類を付着させない。
危険 (9)パッドピン、バネ類を組み付ける

元の位置に確実に取り付ける。

交換後、必ず、取付後確認作業を行って下さい

ブレーキのメンテナンスに戻る