• 会社情報
  • 製品情報
  • サポート情報
  • 販売店情報
  • 品番検索
  • お問い合わせ

ブレーキ雑学講座一覧に戻る

雑学講座1: パッドの熱き戦い その1

ブレーキは熱にとっても敏感。熱によってブレーキの効きは全く別ものになってしまう。ブレーキを手なづけるためには熱によってどう変わるか、どこまでの能力があるか、を見極めることが肝心。 では、その正体は!?

一時間目

次の用語の意味は?
フェード
ストリートや峠でのハードな走行で、ブレーキングを続けるとパッドの温度がどんどん 上がり、限界を超えると効きが急激に悪くなることをいう。
ベーパーロック
ブレーキペダルを踏んでもキャリパーにチカラが伝わらず、 ブレーキが効かなくなることをいう。
下り坂でブレーキが効かない
二時間目
では、フェード・ベーパーロックはなぜ発生するのだろうか?
フェード
パッドはレジンという樹脂で固められている。ところが、300度を超えてくると、この レジンが分解して徐々にガスが発生してくる。分解時に生じるガスは元の原料に対しての体 積変化が大きく、逃げ場がないためにパッドを押し返す力となる。この反力のために効き が悪化するのです。
ベーパーロック
パッドの熱はブレーキフルードにも伝わる。250度オーバーだとフルードが沸騰して気 泡が発生する。つまり、ブレーキペダルを踏んでも気泡が小さくなるだけでキャリパーに チカラが伝わらなくなるため生じる。
熱くなったディスク

三時間目
すると、対策がはっきりしてくる。
フェード
まずは、高温耐久型でフェードの起きにくい、つまりガスの出にくいパッドを選ぶこと。 但し、一般的に高温耐久型は低温では効きにくいため、街中を普通に走るには 適さない。つまり、走りのスタイルにあわせることが肝心。

その他には、パッドの温度が上がりにくくすることを考える。 例えばエアダクトの装着。それと意外に知られていないのは、摩耗したパッドは 容積が小さいため温度上昇が早いこと。ちなみに、パッドのスリット溝。 これはガスを逃す役目をしている。
ベーパーロックは時間切れのため次回に。

ブレーキ雑学講座一覧に戻る