• 会社情報
  • 製品情報
  • サポート情報
  • 販売店情報
  • 品番検索
  • お問い合わせ

ブレーキ雑学講座一覧に戻る

雑学講座5: ふたつのキャリパーその3

レースでの効きの差


対向型ブレーキは世界の高級車、スポーツカー、競技車に装着されていて、 浮動型ブレーキ小型車、乗用車に装着されているという事については、 前回述べましたが、今回は特に対向型の”ブレーキフィーリングの良さ” について述べます。


先ず、対向型は2枚のパッドをそれぞれピストンでディスクに押しつけるが、 浮動型は内側のパッドを押さえて、その反力でキャリパの爪が外側のパッド を押さえるため、効き始めのタイミングが遅れる。ただしこの遅れる時間は 微少なので、街乗りや普通のドライビングでは判らない。
(ブレーキの動き方は、その1を参照下さい)

ところがレース時にはこの”効き遅れ”が制動距離に影響するので、 結果的にブレーキを踏んでいる時間が長くなってしまい、タイムを大幅に 落としてしまう事になる。これでは勝負にならない。

他にもこの”効き遅れ”はブレーキング時の車両の姿勢にも影響する。特に 左右輪の差が出やすい浮動型では瞬間”片効き”になる。これも、やはり常用では 全く問題にならないものだが、攻めていくと車体の挙動が乱れ、ステアリング を当てないと真っ直ぐ減速出来ず、最悪の場合はスピンに追い込まれ る事もある。これではブレーキングを遅らせて”ガンッ!”とペダルを踏む ことも出来なくなり、ブレーキング競争に負けてしまう。

タイムを稼ぐ為には、エンジンやサスペンション回りに手を入れる事も重要 ですが、ブレーキを踏んでいる時間を短くすること、即ち、短時間で必要な速度 に減速出来ることは重要な事で、浮動型よりも対向型が競技車やスポーツカー の多くに使用されている大きな理由の一つです。

以上は、対向型のブレーキフィーリングの良さの1つで、非常に大切なレスポンス の良さ、或いはコントロール性の良さについて述べました。
                          ・・・・・ つづく

ブレーキ雑学講座一覧に戻る